タバコにより髪が細くなる原因

タバコのニコチンの作用で血流が悪くなり、栄養が届きづらくなる

タバコは髪が細くなる原因になる

タバコに含まれるニコチンには、毛細血管を収縮させ血流を悪くしてしまう作用があります。

 

髪の毛を育てる栄養は血液によって、毛乳頭へ届けられ、毛母細胞へ与えられるため、血流が悪くなってしまえば新しい髪の毛を作るために必要な栄養が届きづらくなってしまいます。

 

育毛シャンプーで頭皮の環境を整え、育毛剤で血行を促進させても、タバコを吸って血流を悪くしてしまえばせっかくの育毛効果が薄れてしまいます。

 

喫煙により増える活性酸素が毛母細胞を攻撃してしまう

 

タバコを吸うことにより発生する活性酸素という物質が身体を酸化させ、老化や病気の原因になり、髪の毛が細くなる原因にもなります。

 

活性酸素という物質は、通常の酸素より酸化させる力が強い酸素のことで、過剰に発生する原因にはいろいろあるのですが、喫煙もその原因の一つになります。

 

活性酸素は身体の細胞を攻撃し酸化させ老化を促進させ、その攻撃は髪の毛を作る毛母細胞にも及び、ダメージを与えてしまいます。
また髪の色素を作るメラノサイトにも攻撃をしますので、白髪の原因にもなります。

 

髪の毛を太くしたいなら禁煙しましょう

タバコで髪の毛が細くなる

タバコは百害あって一利なしと言われているわけですが、育毛に関してもよい影響はありません。

 

タバコをやめたからといって、髪の毛が生えてくるというわけではありませんが、身体にも髪の毛にも悪影響を与えますので、本気で髪の毛を生やしたいと思うのなら、今すぐやめることをおすすめします。

 

髪の毛が細くなる原因を減らせるのであれば、減らすに越したことはありません。

トップへ戻る